シンポジウム「新時代を生き抜くための「グローバルリテラシー」」が開催されました



UPDATE 2022-07-25

2022年6月18日(土)、国際学部開設を記念して、シンポジウム「新時代を生き抜くための「グローバルリテラシー」」が開催されました。国際学部は、グローバル化する世界の中で、困難な課題を乗り越えていくための新たな「グローバルリテラシー」をもつ知的専門職業人の養成に取り組んでいます。今回のシンポジウムでは、そのモデルに相応しい二人の講師をお招きしました。

早稲田大学国際学術院国際教養学部教授の陳天璽(ちん・てんじ)氏には、「無国籍者から国際社会を問う」というタイトルで講演いただきました。陳天璽氏は「無国籍ネットワーク」代表理事として、実践的な活動も行っています。講演の冒頭ではまず、無国籍のイメージや国籍の概念について解説がありました。その上で、現代社会において、出生地主義や血統主義で国籍が与えられる各国の制度の結果や、移民や難民の状況などにより、無国籍者が生まれうる多様な状況を説明されました。そして、ご自身の経験やこれまでの活動を通して関わってきた国籍がないことで生じる様々な問題について紹介されました。さらに、小さな諸島で国籍に関係なく生きる人々についても示されました。これらの話を踏まえて、現在の国籍が過度に重視される社会に対して問題を提起されました。グローバル化する世界において、国籍の問題は必ず生じることであり、我々はそれを理解する必要があります。そのために教授が取り組んでおられる活動についても紹介され、特に最近の活動として「無国籍」という問題について子供たちに知ってもらうための絵本を作成した経緯についてもお話しされました。国民国家の限界があらわになり、グローバル化がますます進む中で、「無国籍」を特殊な一部の問題でなく、我々が生きる社会の一部としてとらえ、どのように良き社会を作るのか。講演を通して、強いメッセージが伝わってきました。

特別非営利活動法人パルシック理事の伊藤淳子(いとうじゅんこ)氏には、「モノが繋ぐ世界~「琥珀色の向こう側」に20年~」というタイトルで、東ティモールでの活動の背景やフェアトレードの具体的な取り組みについて、ご講演いただきました。東ティモールの主要な作物はコーヒーです。コーヒーに関わる問題は、世界のコーヒー消費国の上位に入る日本にも繋がる問題でもあります。「日本で飲む1杯のコーヒー代金のうち、たったの0.4%しか現地のコーヒー農家の収入にならない」という話は、かなりインパクトのある内容でした。そうした中で、生産する途上国と消費する先進国と間の持続可能な取り組みとして注目されるのが、フェアトレードです。伊藤氏は、20年間のパルシックの活動を通して、コーヒー生産者の協同組合を作ったことや、得たプレミアム(奨励金)により上水道の整備などを行った活動を紹介されました。しかしながら、20年の取り組みを通して、まだまだ消費国優位の状況は変わらず、コーヒー農園だけの収入では生活が困難なために若者が流出する問題があるなど、現状でも多くの課題があります。こうした中で、「生産者に変化を求め続けるだけでいいのか」という問いが投げかけられました。講演を通して、日常において飲むコーヒーは世界とつながっていることを実感し、最終的にモノを消費する立場にいる我々に何ができるのかを考えることにも繋がりました。

 二人の講演を受けて、ディスカッサントである本学部の田中悟准教授は、「グローバルリテラシー」を考えるうえで重要なこととして、自分たちの知っている世界の向こう側を想像することや、さらに、グローバルな世界で生きぬくためには知らないものとの間に立ちはだかる「壁」をどのように穴をあけるかということをあげました。今回の2つの講演は、何を手がかりとして「向こう側」に思いをはせ、どのように「壁」に立ち向かっていくのかを知るためのケーススタディだったといえます。その後、田中准教授や参加者からの質問があり、それに対して、講演者の二人には、さらなる現在の問題、我々にできること、そして、未来への可能性など多くの視座を提示していただきました。グローバル化し、世界がますます繋がる現代社会において、我々がどのようにお互いを信頼しあいながら新しい世界を作るのか、お二方のご講演を通じて、そのために必要な「グローバルリテラシー」を考えるうえで重要な手がかりとなるヒントが示された、本学部にとっても意義深い内容のシンポジウムとなりました。

(国際学部准教授 加来奈奈)

駐大阪大韓民国総領事館から総領事御一行をお迎えしました



UPDATE 2022-06-17

  5月25日(水)、駐大阪大韓民国総領事館からお客様をお迎えしました。趙成烈(チョウ・ソンリョル)総領事・任京勲(イム・ギョンフン)領事・張正勲(チャン・ジョンフン)実務官、南炫汀(ナム・ヒョンジョン)専門官のみなさまです。 当日、まず学長・副学長を始めとした学長室にて歓迎行事が行われ、その後、国際学部においでいただきました。

  国際学部では、西川眞由美国際学部長・橋本正俊国際学科長・中西正樹国際学部教授/グローバル教育センター長・田中悟国際学部准教授・森類臣国際学部特任准教授が参席しました。また、韓国語を学んでいる学部 5人が出席しました。

 国際学部訪問では、総領事一行と学生との対話が中心となりました。学生は挨拶や自己紹介を韓国語で行うなど、積極的な雰囲気が見られました。学生が領事館業務についての質問をし、それに対して趙総領事が丁寧に答えてくださる 場面がある一方、趙総領事の「皆さんはK-POPが好きだそうだが、J-POPとK-POPはどのように違うのか」という質問に 学生が持論を展開したりもしました。また、任領事が「外国語学習は、最近はインターネットなどでもできるが、大学でしかできない学びはどういう点だと思うか」と問いかけ 、学生が摂南大学での学びを具体的に答えたりもしました。終始 なごやかな時間が流れ、時には笑いがこぼれました。最後に出席者全員で記念撮影を行いました。

今回の訪問は「実践的な学び」を重視する本学部にとって、そして何よりも学生にとって非常に重要な機会となりました。貴重な時間を作ってくださった総領事一行に深く感謝申し上げます。

以下、当日参加した学生からの感想です。

 

大谷さん

普通に大学生活を送っている中で、外交に関わる方に、しかも自分が研究する分野の国の総領事館の方々にお目にかかるなんて絶対にないことだと思うので、直接お会いしてお話し、質問できたのは本当に二度とない貴重な機会で、とても嬉しかったです。韓国語を勉強していると聞いて、私たちに分かりやすいように韓国語でゆっくり話してくださり、ガチガチに緊張していましたが、リラックスしてお話しすることができました。

 

藤本さん

ゼミでは韓国のポップカルチャーの社会学について共同研究を行いました。大学では好きなことを学べる機会があり充実していました。今回、韓国総領事館の方々から直接お話を伺うことができ、より韓国への理解を深めることが出来ました。終始話しやすい雰囲気で質問をさせて頂きとても貴重なお話を聞くことが出来ました。貴重なお時間をいただきありがとうございました。

松村さん

私自身韓国に興味を持ち始めたのはK-POPのお陰です。コロナになり韓国にも行けず、また留学にも行くことも厳しい状況で現地に行くことがこの2年間できず、心残りな部分があったので、今回このような機会を頂きお会いできたことで、短いお時間でしたが韓国への理解を深めることができたと思います。私自身、なぜこの摂南大学を選び何のために外国語学部に入学したのかも改めて初心に帰って見つめ直すこともでき貴重な時間でした。徐々に国境も緩和されているので学生の間にまた韓国に行きたい思いが強まりました。このような機会をくださり誠にありがとうございました。

 

神谷さん

韓国の方と直接お話しすること自体初めてで緊張しましたが、積極的に学生の話を聞いてくださりコミュニケーションをとることが出来ました。また、総領事館の働きや大阪での活動など様々なお話を聞くことが出来て貴重な経験になりました。

 

梅田さん

総領事館の方々と直接お会いできる機会は初めてだったため緊張していたのですが、和やかな雰囲気で気さくに話しかけてくださりとても貴重な経験でした。韓国の文化についてお話できた事が印象に残っています。

 

関連リンク:

駐大阪大韓民国総領事館総領事一行が本学を表敬訪問しました

https://www.setsunan.ac.jp/news/detail.html?id=5616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ANAインターンシップ再開



UPDATE 2022-06-07

 外国語学部では3年生を中心にANA総合研究所と提携し、夏休み期間中、空港及びホテルでの実習を伴う「ホスピタリティ・インターンシップ」を実施しています。また、2年生対象に、同じくANA総合研究所の協力のもと「体験型特別実習A」として空港でのグランドスタッフ実習を実施しています。

 これらは、COVID-19の影響で過去2年間実施できていませんでしたが、今夏感染状況の大幅な悪化がない限り3年ぶりに再開できることになりました。

 空港での研修は、今夏は中部空港(セントレア空港)を対象に3年生は9月1日から3日まで、2年生は8月24日から26日まで、2泊3日で10名を対象に実施されます。接遇訓練、お手伝いが必要なお客様対応訓練、手荷物受託実習や搭乗口アナウンス研修が行われる予定です。また、ホテル研修はANAクラウンプラザホテル大阪の協力のもと、8月3日から16日までの2週間にわたり2名を対象に行われる予定です。

 これまでホスピタリティ関連授業で身につけた知識を実践できる貴重な機会となります。実施後の報告をどうぞご期待ください。

 

中部空港

 https://www.centrair.jp/index.html

 

バイリンガルでITPC訪問を報告します!



UPDATE 2022-06-07

5月に在大阪インドネシア総領事館 インドネシア貿易振興センター(ITPC  https://itpc.or.jp/ja/)を訪れた、外国語学部のインドネシア・マレー語専攻学生の3・4年生たち。その体験を、インドネシア語と日本語のバイリンガルの報告レポートにまとめてくれました。さて、卒業生の川原さんがいらっしゃるITPCで、どんなことを体験したのでしょうか?

<徳見さん> 

僕は5月18日にITPCインドネシア貿易復興センターを訪問した。僕がもともと抱いていたイメージは、大阪にある機関なので日本人スタッフも多いのではないかと想像していた。しかし日本人職員は一人。ここでの共通語はインドネシア語だった。その日本人職員川原さんの通訳で2国間の貿易の説明を受けた。この機関は2国間の会社の間に立ってマーケティングした情報の提供をすること。そして展示会でインドネシア製品を薦めるなどがこの機関の役割だと教わった。また学外での共通語インドネシア語の空間は滅多にないので非常に良い勉強の機会になった。この訪問で貿易を通した2国間の繋がりを学ぶことが出来た。

Saya mengunjungi ITPC di Osaka pada tanggal 18 bulan Mei. Sebelumnya saya pikir staf orang Jepang tidak begitu sedikit, karena ada di Osaka. Ternyata ada hanya satu staf orang Jepang, namanya Ibu kawahara. Di situ bahasa Indonesia digunakan. Lalu Bapak RM Dicky Farabi menjelaskan tentang perdagangan antar Indonesia dan Jepang. ITCP membantu perusahaan yang mengharapkan ekspor buatan Indonesia ke Jepang. Dan ITPC menawarkan buatan Indonesia di acara seperti Expo. Di ITPC tidak bisa berbahasa Jepang, jadi kesempatan ini menjadi pengalaman yang berharga untuk belajar bahasa Indonesia.

<西岡さん>

ITPCでは、たくさんのインドネシアの商品について知ることができました。例えば、工業品や、シーフードの商品はインドネシアの輸入品が多いことがわかりました。また、SDGSの商品もありました。牛乳パックで作ったバックは、かわいかったし、竹で作ったストローは軽くて、マイストローとして使ってみたいと思いました。また、ITPCでインドネシアの料理が食べることできるイベントがあるので、行ってみたいと思います。ITPCにいくことができて、良かったです。

Saya sudah bisa pergi ke ITPC dan bisa tahu tentang berbagai produk Indonesia. Khususnya produk tas yang terbuat dari  kardus susu, produk sedotan dari bambu yang cantik dan menarik.

Kemudian saya juga bisa mendegarkan tentang perbedaan budaya bisnis Indonesia dan Jepang dari bapak Direktur utama.

Misalnya, cara membungkuk dan cara menyerahkan uang.

Saya bisa belajar dan menyenangkan sekali.

<田中さん> 

私は先日ITPC大阪へ行きました。私はそこでお話を聞き、インドネシアのたくさんの製品を見ました。特に印象に残ったのは竹製品です。スプーンやフォーク、ストローがありました。持続可能な生活を楽しく取り組めるような製品を作っているらしいです。帰りにお土産をもらったのですが、体調が悪くまだ食べれていません。食べるのが楽しみです!

Saya pergi ke ITPC Osaka.

Saya melihat banyak produk Indonesia di sini.

Saya sangat tertarik sedotan dari bambu produksi Bali.

Ini sedotan sustainable dan baik untuk bumi.

Saya mendapat oleh-oleh dari ITPC.

Karena saya masih sakit, jadi, saya belum bisa makan kue itu.

 

<岡田さん> 

 まずはお土産にいただいたお菓子の話をします。鶏皮の方は絶対にビールが合う味ですね。イカフライは辛すぎて笑ってしまいました。一つ食べてすぐに砕きました。

 今回の訪問で私は ゴム ニッケル イカ エビ カニ コーヒー がインドネシアから日本に来ていることを知りました。このうち、エビとコーヒーについて気になったことがあります。

 インドネシアには クルプックというえびせんべいがありますよね。日本にも「かっぱえびせん」というものがありますが、この中にインドネシア産のエビが入っている可能性はありますか。インドネシアのコーヒーは どのくらいの値段で取引されていますか。マンダリンとジャコウネココーヒーなら、倍以上の差がありそうですね。

 このような貴重な機会を作って頂き本当にありがとうございました。いつかこの経験が役に立つ日が来ますように!

Pertama saya akan berbicara tentang kue yang saya terima sebagai oleh-oleh. Yaitu kulit ayam goreng, Bir cocok dengan kulit ayam ini. Berikutnya, Basreng (Bakso goreng) terlalu pedas dan membuatku tertawa. Saya makan satu dan segera mengunyahnya.

Selama kunjungan ini, saya mengetahui bahwa karet nikel, cumi-cumi, udang kepiting dan kopi didatangkan dari Indonesia ke Jepang.

Soal udang dan kopi di Indonesia ada kerupuk ada, bukan?

Ada juga Kappa Ebisen di Jepang. Apakah udang Indonesia digunakan di dalamnya?

Bagaimana perdagangan kopi Indonesia?

Tampaknya ada lebih dari dua kali lipat perbedaan antara kopi Mandarin dan kopi Luwak. Terima kasih banyak sudah mendapat kesempatan yang begitu berharga.

Semoga saatnya tiba ketika pengalaman ini berguna!

訪問の様子は、こちらの記事にも

「インドネシア貿易振興センターを表敬訪問しました」

https://www.setsunan.ac.jp/~kokusai/foreignstudies/topics/detail.php?id=417

The Dance Day 決勝大会に3年生が出場しました



UPDATE 2022-05-31

 2022年5月18日、日本テレビ(https://www.ntv.co.jp/dance/)のThe Dance Day決勝大会に、外国語学部3年生の道田大翔さんが、チームK famの一人として出場しました。総エントリー967チームの中から選ばれた16組の1組です。

 番組公式HPによると、審査基準は「どれだけ観客を楽しませられるか、会場を沸かすことができるか」に重点がおかれました。K famは1st round 第1位、Final roundで惜しくも一位は逃しましたが、 特別審査員のX JapanのYoshikiさんからは、1st roundで100点、Final roundでもK famを優勝に相応しいチームとして選んでいただきました。

K famのチーム紹介は、以下ご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=NVAfJdvx7Ok

日テレ公式チャンネル【THE DANCE DAY】▼出場チーム紹介#8『K fam』

 

K fam インスタグラム

https://instagram.com/kaorialive_fam?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

新入生ガイダンスが始まりました



UPDATE 2022-04-04

2022年4月、国際学部の第一期生となる新入生260名を迎え、大学の仕組みや履修方法など様々な情報を伝えるための新入生ガイダンスが始まりました。今年は入学式前後にキャンパスのソメイヨシノの桜が満開の、華やかな1週目となりました。

新入生向けキックオフセミナーを上級生が担当



UPDATE 2022-04-05

摂南大学では、入学する1年次生向けのキックオフセミナーが開催されます。それぞれの学部の上級生がチームを組んで、大学に入りたての新入生のためのプログラムのファシリテーターを務めます。

2022年度から始まる国際学部一期生を担当するのは、外国語学部の上級生たちです。(なお、写真は他学部の上級生です。取材時にあまりに笑顔が眩しかったので、モデルになっていただきました。)

杉山先生の訳書紹介



UPDATE 2022-01-20

ジョルジョ・アガンベン『オプス・デイ 任務の考古学』2019年、以文社

Agamben, Giorgio, Opus dei, Archeologia dell’ufficio, Homo sacer, II, 5, 2012, Boringhieri, Torino

ジョルジョ・アガンベンの著作『オプス・デイ 任務の考古学』(以文社)の邦訳が出版されました。翻訳は国際学部の杉山が担当しました。アガンベンの名を世に知らしめた『アウシュヴィッツの残りのもの——アルシーヴと証人』(1998年)以降、このイタリア出身の哲学者は世界でもっとも著名な思想家のひとりであり続けています。アガンベンが一貫してあきらかにしようとするのは、人間の存在がさまざまな機制にとらわれている理由と、その人間が自由になりうる条件です。
 ラテン語で「神のわざ」という意味の『オプス・デイ』(2012年)は、上記テーマに「仕事」(任務)という切り口で取り組みます。たとえば本書が問うのは、わたしたちは「なぜ仕事に対して疎外感を持つのか」、そして「なぜ仕事を効率よくしようと躍起になるのか」ということです。この疑問をふまえてアガンベンが注目するのはキリスト教のミサ(典礼)でした。
 キリスト教の長い歴史のなかで、ミサを執りおこなう司祭の定義はつねに問題含みです。まず、処刑されたのちの復活に代表されるキリストの行為は、ただ一度きりの奇蹟です。しかし、信者を統率しなければならない後世の司祭も、その仕事(聖務)がなんらかの奇蹟であることを求められます。そこで初期キリスト教の指導者(教父)たちは、司祭をキリストその人による行為を代わりにおこなう存在として定義します。たとえば洗礼という仕事は、司祭その人の行為はただ水をそそぐだけであっても、それがキリストその人の行為であるからこそ、信者は神の恵みに満たされるというのです。こうしてひとつの仕事がふたつに分割された結果、ひとりの人間でもある司祭はとても微妙な状況に陥ります。なぜなら、神の恵みを有効にする道具のようななにかになる彼らは、みずからの生と行為が切り離されたまま存在し続けるからです。
 アガンベンによると、この生と行為の切断がほぼそのまま現代のわたしたちにインストールされているからこそ、疎外感と実効性が仕事に張り付くことになりました。本書においてこの洞察は、哲学、法学、倫理学の領域で検証されます。文体はやや難解かも知れませんが、内容はわたしたちにとって切実な問題を扱っています。

また装丁はバロックの画家ジュゼッペ・マリア・クレスピの《聖体拝領》(1712年)というすばらしい作品です。わたしは担当編集にお願いして、かなりムリをしてこの作品の図像をカバーに使用してもらいました。描かれているのは「聖体拝領」という仕事の場面ですが、画面中央に位置する司祭の描写はとても示唆的です。アガンベンの議論とよく響き合うイメージになっていますので、本文に疲れたらこの想定をぼんやり眺めるだけでも、なにかしらの感想が思い浮かぶのではないでしょうか。

http://www.ibunsha.co.jp/books/978-4753103539/

卒業生がブレイクダンス世界大会で優勝



UPDATE 2022-03-20

卒業生(トビタテ8期)の近江さん

 

卒業生でプロダンサーの近江聡太さんが、2021年12月にパリで開催されたブレイクダンスの世界大会「BATTLE PRO WORLD FINAL 2021」にて、チームBODY CARNIVALとして優勝しました。

在学中からダンサーとして国内外で活躍していた近江さんは、官民協働留学促進キャンペーン「トビタテ!留学Japan」(8期)の奨学生としてアメリカに留学しました。帰国後、卒業論文で、アメリカのストリートダンスとして始まったブレイクダンスの競技化をめぐる研究に取り組みました。新入生歓迎イベントでは大阪城ホールのステージでダンスを披露してくれましたから、その姿を覚えている下級生がいるかもしれません。また、過去には、「インターネットで踊っている姿を見て感動したので、そのSotasky(近江さん)に会いたくて摂南大に来た」と言う留学生もいました。

ブレイキンの競技名でオリンピック種目になるブレイクダンス、世界大会決勝戦の様子は、こちらのサイトからご覧になれます。激しいのにどこかふんわり動く近江さんのソロは6:52ごろから。フランス語のMCがSotaskyの名を連呼しています。ブレイクダンスの掛け合いのおもしろさを味わうには、ぜひ全編ご覧ください。

金子先生の新刊がでました



UPDATE 2022-03-05

新刊出版『〈洗う〉文化史-「きれい」とは何か』

 2022年2月に、国立歴史民俗博物館・花王株式会社(編)『〈洗う〉文化史-「きれい」とは何か』(出版社:吉川弘文館、ISBN:978-4-642-08406-2)が刊行されました。歴史学・民俗学を主たる研究分野とする研究機関である国立歴史民俗博物館と、清潔・衛生に関する多様な製品で知られている花王株式会社との共同研究という、人文学系の諸分野では大変珍しい産学協同による共同研究の成果です。日本を中心としながら、タイおよびインドネシアとの比較を試みるという構成の共同研究に私(金子正徳・国際学部特任准教授)も参加し、本書ではインドネシアに関する章を担当しました。

 本の概要については出版社の説明を引用することとします。


「私たちはなぜ「洗う」のか。洗うという行為、清潔という感覚を古代から現代にいたるまでさまざまな事例を取り上げ、文献・絵画・民俗資料から分析。また、儀礼・信仰の世界での「祓う」「清める」といった行為の意味を追求し、精神的な視野も交えて、日本人にとって「きれい」とは何かを考える。現代社会の清潔志向の根源を、歴史と分析科学から探る。」(http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b598240.html


 この本は一般向けの書籍です。歴史学、民俗学などの多様な研究者が執筆しているほか、花王株式会社の方々もそれぞれの専門性を活かしたコラムを書いている点がユニークな特徴です。

 本学の学生たちにとって、この本が、身体や衣服を「洗う」という行為をめぐる歴史的・文化的な変遷、そして現代的な意味を多様な角度から捉え直し、私たちの生活の中で「もはや当たり前のこと」をあらためて考えるきっかけとなればと希望します。